« 自宅から勤務先まで遠い場合 | メイン | 自転車通勤のパンク対策 »

汗対策と着替え

自転車通勤の汗対策 自転車通勤だと、近い距離ならいいのですが、距離が長くなると汗をかきます。
たとえば片道30kmの自転車だと汗をかくのでスーツという訳にはいかないですよね?
長距離ならば自転車用のウェアで走るのがベストなわけですが、そうなると着替えの問題も浮上します。

もし会社の近くに早朝営業のスポーツジムがあるなら、そこの会員になって、ロッカーを借りるというのが良い方法です。
ロッカーの中に着替えを置いておき、自転車で到着後、シャワーを浴びて、スーツに着替えて出勤する、という方法があります。

あるいは会社近くのトランクルームを借りる方法。着替えをそこに置いておき、到着後、そこで着替え、 自転車はトランクルームに置いておくという方法。
汗対策としては、濡れたタオルで身体を拭き、制汗スプレーで汗を抑えます。

会社にシャワーやロッカーがあれば一番なんですけどね。

ちなみに、上記のように直接会社に自転車で行かない方法は、職場の人が自転車通勤にあまり理解を示さない(?)場合にも応用できます。

なお、トランクルームはこのようなところがあります。
キュラーズ
ハローストレージ

前者は全て屋内タイプ、後者は屋外タイプと屋内タイプがあります。

About

2007年05月23日 00:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「自宅から勤務先まで遠い場合」です。

次の投稿は「自転車通勤のパンク対策」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。