トップページ > 自転車の服装と装備 >  スポーツ自転車の服装

スポーツ自転車の服装

スポーツ自転車の服装

どんなスポーツでもそうですが、スポーツには、その種目専用の服装があります。
それは、そのスポーツでの自分の力を最大限に発揮するために、そして快適に行うために機能的な裏付けのあるものです。

自転車のための服装も例外ではありません。
スポーツ自転車のために機能的な服装があります。

もちろん、普段の服装でもサイクリングはできます。
しかしながら、より快適に、より速くラクにスポーツ自転車を楽しむためにも、スポーツ自転車用の服装をとり入れてみましょう。

とくに長距離のツーリングや、自転車通勤、レースへの参加を考えている人は、自転車専用のサイクルウェアをおすすめします。

スポーツ自転車専用ウェアの売れ筋ランキング@楽天市場

サイクルジャージ

スポーツ自転車に乗るときの服は、汗を吸わない化繊のものが最適です。
コットンの服は、ある程度の吸水性があるのですが、吸った汗をなかなか発散しません。
上り坂でかいた汗のせいで、下り坂で受ける風で体温を急に奪われ、寒い思いをすることになります。
自転車専用のサイクルジャージは化繊でできていて、素早く汗を発散するので、そのような心配はありません。

サイクルジャージ またサイクルジャージは、風を受けて服のそでがバタバタしないように、 そでが絞り気味になっていたり、乗車中の前傾姿勢でも中身がこぼれないように、ポケットは背中についていたりと、 自転車で快適に走れるような作りになっています。

ひと昔前は、サイクルジャージというと、自転車競技選手のためのものでした。
それはかなり派手なデザインで、サイクリングなど、一般の方が着るには少し抵抗のあるものでした。
しかし、現在では、スポーツ自転車が一般に普及してきて、写真のようにシンプルなデザインのサイクルジャージが数多く出回っていますので、 抵抗感も少ないでしょう。

レーサーパンツ

サイクルジャージ以上にぜひ身につけてもらいたいのが、レーサーパンツです。

レーサーパンツ レーサーパンツとは、外見はスパッツと似ていますが、お尻の、 サドルに当たるところにパッドが入っています。
ここがポイント!これによって、長時間自転車に乗っても股ずれしにくく、お尻の快適さが保たれます
また、スパッツなので、ペダルをこぐ邪魔にならず、快適なペダリングが続けれらます。

ちなみに、レーサーパンツの下には何も履かず、素肌に直接履くのですよ~。

それから、「レーサーパンツのピチピチがどうもどうしてもだめ」という人のために、インナーパンツというものがあります。

インナーパンツは、レーサーパンツのようにパッドがあるのですが、レーサーパンツより薄手であり、ズボンの下に下着代わりとして履くようになっているので、見た目には普通の服装で走っているのと全く変わりません。

しかも、パッドつきになっているので、長距離を快適に走ることができるのです。

自転車用インナーウェア売れ筋ランキング@楽天市場

もっとカジュアルなサイクリングの服装

レースに出ないサイクリング派の人は、上のようなピチピチのサイクルジャージは抵抗のある人が多いと思います。
あんまり身体の線がハッキリ出るような格好はちょっと恥ずかしいですからね・・・
特に、サイクリングの途中の休憩でカフェなどに入ったりして楽しみたい人の場合は、自転車から離れてもあまり違和感のない服装のほうが受け入れやすいと思います。

ということで、自転車のペダリングには支障のない程度で、かつピチピチではない、カジュアルな服装も今ではいろいろと販売されています。
こんな感じですね。

これは外見は普通のハーフパンツですが、ちゃんとインナーパッドが入っていて、お尻が痛くないように工夫されています。


シャツはクールマックスなどの化繊のTシャツでもいいのですが、このようなややゆったり目のシルエットで、落ち着いた感じのサイクルジャージのほうが機能的で、かつ見た目も違和感ありませんね。
サイクルジャージは裾が絞ってあるので、ロードバイクの前傾姿勢で邪魔にならないのです。


女性の場合はサイクリング用のハーフパンツのほかにも、このようなサイクリングスカートをレーパンの上に着用するのもいいですね。
ランニング用のスカートを代用することもできます。

自転車ジャージ・レーパンのサイズ

普通の服を買う時もそうですが、自転車用のウェアを購入する時もサイズには注意してください。

自転車用ウェアは日本ブランドと海外ブランド(アメリカ・ヨーロッパ)が主にあります。
海外ブランドのものは、ヨーロッパで日本とほぼ同じか若干大きめ、アメリカブランドで1サイズ大きいという傾向にあります。
実際のサイズを知るには現物を試着するのがベストです。

また、同じ体型でも、ピッタリとフィットしたほうがいいのか、やや余裕があるほうがいいのかでも、好きなサイズが違う場合があります。
通販などで購入する場合は、サイズ表を確認したり、インターネット上の情報を参考にすると、失敗は少ないでしょう。